「われわれ」のオフィシャルページ


↓「われわれ」の軌跡を辿って…製作日記part26(9/24)↓

「われわれ」のゲーム開発日記


2017年8月14日月曜日

日本滝百選が1つ、田立の滝!!

こんにちは、aschです!

さて、毎年恒例のお盆修行!!

今回の目的地は~

田立の滝だぁ!!


それではさっそくいってみましょう♪




田立の滝は長野県木曽郡を流れる王滝川沿いの滝郡を総称してそう呼ばれています。

ちなみに、日本の滝百選にも選ばれています!

そこそこ人も多く、人気のスポットであることが推測できます。

ただし、道のりはかなり険しいので装備をきちんと整えてから出発しましょう。


駐車場も割と広いですが、ここに至るまでの道はお世辞にも整備されているとはいえないので、ゆっくり丁寧に運転しましょう。

入り口ではクマ除けの鈴の貸し出しも行われています。

また入山料として200円/1人の寄付を募っているので、駐車場代+整備費用として是非、寄付しましょう!!


田立の滝のメイン滝は「霧ヶ滝」というのですが、距離が2km強とそこそこあるため、道中は↑の写真のように「目印になりそうな木々等」にユニークな名前をつけられていますw


ネーミングセンスは正直言って「われわれ」の大冒険に出てくる「アッシュ」並みの酷さ…(汗


駐車場からの距離がわかるので目印としては活用できそうです。

↑の写真以外にも檜の「ひのきイチロー」というものもありましたw


霧ヶ滝に向かう前に小規模な滝を見ることが出来ます。

こちらは螺旋滝と言って、その名の通り螺旋を描くように流れているのが特徴です!


螺旋滝からはさらに道が険しくなります。。。

↑の写真のように人数制限のある釣り橋も何箇所かあります。

中には踏み板が抜けてしまって歯抜け状態になっている橋や釘が抜けかかっている橋などもあるので、充分注意して進みましょう!

グループで進むさいは、ドラクエの隊列のように1列に縦に並び、真ん中を渡るようにしましょう!

また、隊列は先頭がリーダー、お尻が副リーダー、間に初心者の方を入れてあげるようにしましょう!
※「われわれ」もリーダーのいわお、まことが先頭でスナイパーが最後尾という隊列を採用しています


霧ヶ滝に到着しました~♪

着いてまずビックリしたのが、その圧倒的な水量です!!

離れていても水しぶきが飛んできて、また気温もグッと下がります。

本来は遠くから眺めることしか出来ないのですが、装備と体力に自信があれば、滝つぼまで進むことも可能ではあります。
※↑の写真はまことに撮ってきてもらいました

田立の滝ではこの霧ヶ滝がやはり一番人気らしく、たくさんの方が写真を撮っていました。

しかし、われわれはさらに上を目指します!!


霧ヶ滝からさらに20分ほど歩くと、不動滝に到着です!

この滝も霧ヶ滝に負けず劣らずの迫力!!

こちらも滝つぼまで進むことができます!!

さて、ここからはこの田立の滝の頂上の「不動岩」を目指して進んでいきます


こちらがその不動岩(正確には不動岩の少し手前ですが、ここが一番見晴らしが良い)になります。

な、なんと!!

岩が崖に突き出しています><

非常に危ないので、岩の上に乗ったり身を出さないようにしましょう!


こちらが不動岩の看板になります。

ここまで来るのに大体1.5~2h程度かかりました
※写真撮影などを入れなければもっと早く着けるかもです

帰りは寄り道せずに降りたので1h程度でした。

さて、今回の修行は実はキャンプを行ったのですが、そちらの報告はまた別の記事で…www

今回はここまでです!!

それでは!!

0 件のコメント:

コメントを投稿