「われわれ」のオフィシャルページ


↓「われわれ」の軌跡を辿って…製作日記part8(8/22)↓

「われわれ」のゲーム開発日記


2017年7月30日日曜日

貸切カートAGENTE杯(1h耐久)参戦レポート

こんにちは、aschです!

今日は1h耐久カートレースに参加したので、そのレポートになります!

以下の読者を対象にしています
・カート初心者
・乗ったことすらないけど、乗ってみたい
・カートがどういうものかわからない

逆に以下の読者を対処にしていません、あしからず
・カート中級者~(aschが初心者なので)
・勝負だけに拘る方(あくまでレポートです、攻略記事ではないのです)

イベント名:AGENTE杯

会場:美浜サーキット(フルコース)




日時:2017/7/29

スケジュール
19:00~19:15 受付
19:15~19:30 ドライバーズミーティング
19:30~20:30 本戦(予選なし!)

チーム:3人で1組×約10チーム
※例外ありm



今回の記事ですが、カメラマンの方の写真の権利やYouTubeの権利などの関係で文字ばかりになってしまいますが、許可が出次第、写真・動画を更新してまいります。

さて、みなさん「カート」というもに対してどういうイメージをお持ちでしょうか?

・遊園地にあるゴーカートと何が違うの?
・簡単に乗れそう
・いやいや、ものすごく難しいだろう

色々な意見があると思います。

まず、モータースポーツにおけるカートですが、遊園地にあるゴーカートとは当たり前ですがエンジンそのものが違います。

ライセンスフリーな基本的なカートで60~70km/h、

要ライセンスのカートになると80~100弱km/h

という、凄まじいスピードが出ます。

さらに、座席が地面から4cm程しかないので、恐ろしいスピード感を体験できます。
※一般的に体感速度は「実際の時速×2」といわれています

たとえ、あなたが車高をべったべったに落としてシートもGT仕様にしたスポーツカー乗りだとしても、恐らくこの「座る位置が地上から4cm」は体験できないでしょう。



さて、簡単か難しいかについてはそれこそ十人十色だと思われますが…

ずばり、運転するだけなら簡単です。

だって、アクセル、ブレーキ、ステアリングしかないのですからw

場所にもよりますが、美浜サーキットでは免許も不要となっていました。
※実際、日本の免許がない海外の方が参戦されてました

ただし、速く走ろうと思うと、とんでもなく奥が深いスポーツです!

カートは構造が原始的なので、動かすのは簡単なのですが、挙動を完全に掴もうとするとものすごく大変です。

・パワステなんかないのでステアリングはめっちゃ重い
・スリックタイヤなので濡れている場所では簡単にスリップする
 ※溝の全くないタイヤのこと、F1を想像してください
・荷重移動が非常にシビアなので乱暴に扱うとすぐスピン
 ※カート初心者がやらかすことランキングNo1



と、いうことでそろそろ本題に入りましょう。

今回のレースですが、なんと予選なし!ぶっつけ本番なので、かなり緊張しました(汗


ピットの雰囲気はかなりピリピリしています…

aschの体感ですが、7割が経験者、残りが初心者といった感じでした

また、海外からの参戦や、地方大学の自動車部の遠征などもありました。

ただ、主催者側が初心者に合わせるようにレギュレーションの変更などを迅速にやってくださったので、運営の方の対応は非常にGOODです!!


こちらが、今回の走行ルートです。

aschのチームには前回大会の経験者、ガチレーサーがいたので、ライン取りについて聞いてみました。

「うんうん、asch君、そんなもの全部全開走行で良いんだよ」

本当ですか…(汗

さて、大会も始まり、ついにaschの走行のターンが!

遊びで走ったことはあれど、今回は真剣勝負!

緊張します…

いざ!

正直な感想書きます

みんな、めっちゃ速い!!

何これ?なんで同じカート、同じコースで走ってこんなに差が出るんだよー><
※ラップタイムで一番速い人はaschより10秒ちかくも速いタイムでした

やはり、カートはスポーツ!

スポーツなので、

より練習した人が勝つ!!と、いうことですね。

そんなことを思いながら、最終コーナー!!

あれ、これ、やばくね?

と思ったときにはとき既に遅し!!

今大会最初で最後のスピンを盛大にやらかしましたwwwww
※20秒近くロスした!

誰だよ!全部全開で良いって言った人!!

しかし今回のレース、スピンしている人がたくさんでした

初心者が突っ込みすぎてのパターンと上級者が熱くなりすぎてのパターンとありましたねw

1hの耐久レースなのですから、スピンしてタイムロスになるくらいならゆっくり走った方が良い?とも思いました。

途中2台が絡む大クラッシュがありましたが、幸いけが人もなく、施設やカートも無事にレース終了となりました。

結果として平均以下で終わってしまいましたが、普段味わえないようなスリリングなバトルが出来てとても面白かったです!

今回の経験から学んだ速く走るコツをaschなりにまとめます

1.練習もしくは1週目でコースを頭にたたきこむ!!

カートはライン取りが重要なのでコースを頭に入れるべし!

2.ライン取りは上手い人をお手本に

スポーツは上手い人の真似をすることから始まります!恥ずべきことではありません!

3.ステアリングは少し早めに切る

aschだけかも知れませんが、気持ち早めに切るとスムーズに曲がれる気がします

4.コーナリング中にブレーキはダメ!

荷重が変に移動してスピンの原因になります、ブレーキはコーナー手前
※っていうか4は自動車の運転でも、です!

5.裏技!!スピンしそうになったらカートを一瞬持ち上げる!!

これは今日、初めてしりました!!

上級者は当たり前にやっていることらしいのですが、

スピンしそうになって「あ、やべ」となったら、一瞬カートを持ち上げる(ジャンプ)といいです。

これにより荷重がイーブンになり、着地時にグリップが効くようになり立ち上がりの加速も良いです。

ただし、キケンなので多様はしないように…

そんなこんなではちゃめちゃレポートでしたwww

しかし、カート乗った後は運転の仕方を気をつけないとですねwww

たった何十分かの走行なのに頭がカートよりになってしまうんですよね…

クラッチをバッとつないでアクセル踏み込みすぎて急発進したり…

ステアリングを思い切り切ってしまったり…

aschの車はステアリングは一般の車に比べて割と重いのですが、帰り運転したときに

「あれ?ハンドルやわいぞ?取れちゃった?」

と思うくらい軽く感じてしまいました。

AGENTE杯、次は秋にあるそうなので、

走ってみたい方、観戦したい方は是非連絡ください!!

それでは!!

0 件のコメント:

コメントを投稿