「われわれ」のオフィシャルページ


↓「われわれ」の軌跡を辿って…製作日記part36(10/16)↓

「われわれ」のゲーム開発日記


2016年11月21日月曜日

京都の秘境!三尾めぐり!~番外編~

こんばんは。
スナイパーです。
はじめての投稿なので自己紹介を...と思いましたが
特にありません(・_・)
名前も特に意味はないので気にしないでください(・_・)
車やプログラミングはまったくわからない。
ホラーはあまり得意じゃない。
唯一、修行は好きなんです(・_・)
これからもたまに投稿すると思いますのでよろしくお願いします!


さて、番外編ということで
三尾巡りを終えて帰るまでまだまだ時間があるわれわれ。
嵐山にでも寄っていくかと思っているところで
案内をしているおじさんから、この時期に特別に見れるものがあるとの情報が。
嵐山に行くのをやめ、目的地を変更。
実際、嵐山はどっちでも良かったしね。
気にしない気にしない(・_・)
そして、紹介されたところがここ         ↓



平岡八幡宮
京都市右京区梅ヶ畑宮の口町23
無料駐車場あり

平岡八幡宮は前の記事でまことから紹介があった
神護寺の守護神として809年に弘法大師(空海)が創建しました。
その後室町時代に焼失しましたが、足利義満により再建されました。
(足利義満はあの有名な金閣寺を建てた人です)
ちなみに京都市有形文化財に指定されています。

簡単に紹介してみました。

では、戻ります(・_・)

車が目の前に停めることができ、すぐに入り口。
これは非常に助かります。
三尾巡りの後で歩くのも疲れていたので(^_^;)

見学は無料ですが、春と秋に特別公開されている花の天井を見るために
800円を払い、宮司さんに案内もしてもらいました。

中はあまり広くありませんが、色々と説明も聞きながら案内してもらえたので結構楽しめました。

いくつかご紹介します。

金魚葉椿




葉っぱが金魚の形に見える椿です。
写真だとわかりづらいかもしれませんが
是非、実物を見てもらいたいです(^-^)




オハツキイチョウ


黒の台の上に乗っているのがオハツキイチョウです。
全国的にも数十本程度しかないと言われています。
珍しいもので触ることはできません。
是非、実物を見てもらいたいです(^-^)


花の天井


江戸時代の末期、1827年に綾戸鐘次郎によって描かれたもの。
44枚の極彩色の花の絵が描かれています。
本殿の外でも写真のものを見ることができますが
是非、本殿に入って実物を見てもらいたいです(^-^)


白玉椿

写真なくてごめんなさい。
時期ではないため葉っぱしかありませんでした。
樹齢200年のしだれ八重白玉椿で、3月、4月が見頃だそうです。
是非、実物が見てみたい(^-^)


ちなみに11月の初旬に行きましたが紅葉はこんな感じでした。


今の時期に行けば綺麗な紅葉が見られるかもしれないです(^-^)


いくつか紹介させていただきましたが
これ以外にも色々あり、時期により様々な行事もあります。
是非、一度訪れてみてください(・_・)
それではまた!

2016年11月12日土曜日

京都の秘境!三尾めぐり!~日本最古の漫画屋さん!?高山寺~

こんにちは、aschです!

京都三尾の旅、第三回は
栂ノ尾山 高山寺!!

高山時ってなぁに??岐阜県高山市??

京都って言ったら金閣寺、清水寺、二条城、…じゃないの??

ノンノン、京都市右京区にある高山寺(こうざんじ)がすごいんです!!



それではお好きなところからどうぞ!

1.三尾最後の砦!栂ノ尾山 高山寺!

2.日本最古の漫画!?発見、鳥獣人物戯画!

おまけ.ついに始動!!「われわれの大冒険」プロジェクト!?






京都の秘境!三尾めぐり!~あの鐘を鳴らすのはあなた、西明寺~

こんにちは、いわおです。
今回はまことの「神護寺」に続いて、三尾の中堅「槇尾山 西明寺」をご紹介していきます!
さらに、三尾めぐりでぜひ立ち寄って欲しい美味しいお食事処もご紹介しますよ( *´艸`)


それでは早速西明寺を目指します!
車は神護寺の駐車場に置いたまま歩きましょう(^^♪
トコトコと歩くこと5分。




出ました坂道(´・ω・`)
実はこれ、西明寺の裏口に続く道です。
三尾めぐりを神護寺から始める場合は、神護寺~裏通り~西明寺~表通り~高山寺というルートで歩くのが「われわれ」のオススメです!
あと、もう一つのオススメが…

2016年11月8日火曜日

京都の秘境!三尾めぐり!~紅葉の隠れた名所神護寺~

こんばんは、まことです!
本日は「われわれ」の「修行」の原点とも言える、「京都三尾めぐり」を紹介していきます!

三尾めぐりってなに??
京都西北の山間地で、高雄(たかお)・槇尾(まきのお)・栂尾(とがのお)の三つを合わせて三尾と呼びます。
三尾にはそれぞれ、「高雄山 神護寺」「槇尾山 西明寺」「栂尾山 高山寺」というお寺があり、それを全て巡っていきます!


「京都三尾めぐり」はわれわれにとって、とても思い入れの深い場所であり、修行の原点を思い出すためにもう1度行くことにした場所でもあります。
なので今回はわれわれの徒然日記初の試みで、三尾めぐりをわれわれメンバー全員で紹介していきますのでお楽しみに!



それではまずは、僕まことが三尾「高雄山 神護寺」をご紹介します!


まずは神護寺を目的地にして行きましょう!



三尾にはそれぞれ駐車場があるのでどこから行ってもいいのですが、それぞれ1日1000円がかかってしまうので、神護寺の駐車場に車を停めて、神護寺から徒歩で三尾を巡るルートをオススメします。
三尾はそれぞれ徒歩15分ほどの間隔なので、それも「修行」のうちなのです!г(ゝv・))9

あと神護寺の駐車場には三尾の事を色々教えてくれるおっちゃんがいるので、いろんな情報を仕入れる事ができます!笑
※必ずいるとは限りません


さあーいよいよ神護寺行ってみましょー٩(๑≧∀≦๑)وgo!
まずは高雄山神護寺表参道という名の「階段」です。

そして「階段」、、、長い(^_^;)

階段の途中には3件ほど休憩できそうなご飯屋さんがあります( ̄▽ ̄)
もみじうどんやもみじ餅など美味しそうなものがいっぱいでした!

そしてまた「階段」!!

なんとこの階段は約400段あるそうです!Σ(゚д゚;)
※おっちゃん情報

この「階段」こそがわれわれが「修行」に目覚めたきっかけかもしれません、、、
この頃から階段を見つける度に「修行じゃー!!」と言って登ってしまうというクセがついたわれわれでした、、、笑

ちなみにこの神護寺はその昔、あの有名な「空海」さんが修行を行っていた場所らしいですよ!( -`ω-)✧
※おっちゃん情報


約400段の階段を登るとようやく神護寺に到着です!



ここで参拝料600円を支払って中に入りましょう!


神護寺の境内図です


境内に入ったらまずは「かわら投げ」をして厄祓いをしてから御参りをすると良いそうです( ・∀・)b
※おっちゃん情報


このめちゃくちゃ景色の良い所から↓の写真のかわら(2枚100円)を投げて厄を祓うのですが、この景色にかわらを投げる爽快感がたまりません!(  *´ω`*  )



厄を祓って身を清めたら、境内を回っていきましょー٩(๑≧∀≦๑)وgo!

、、、階段!


階段を登ると「金堂」があります
金堂の中は残念ながら撮影禁止だったのですが、 釈迦如来像や 十二天像 (十二支の仏像)などがあり、仏像独特の緻密さや迫力がまさに圧巻です!(。 ・`ω・´)
時間帯によっては神護寺や仏像についての説明も聞けるので、聞いてみると面白いと思います!
おみくじもあります!


そして階段!


階段を登ると何かが封印されていそうなお堂のようなものが現れます、、、
何かは全くわかりませんが!笑


「神護寺」階段が多くて足腰の修行にはもってこいですね!笑
それだけではなく、素晴らしい景色とかわら投げの爽快感や圧巻の仏像を味わうことの出来る場所です!!

それに何と言っても三尾は高雄もみじの紅葉がすごい!らしいです( ̄▽ ̄;)
われわれが三尾に行ったのは11月3日で3分咲だったので、これからの時期に是非行ってみてはどうでしょうか!?


ちなみに3分咲でもすごい綺麗でしたよ(*^^)v



神護寺の次はいわおの「西明寺」をお楽しみください!(= ・ω・)っ